フリーターが掛け持ちバイトをする5つのデメリットとは?選択方法も解説!

多くのはフリーターは、掛け持ちしていますよね。

収入が増えるし、良いことだと思いがちですが、案外デメリットの方が多いです。

 

掛け持ちを考えている、もしくは掛け持ちを辞めようかな?と考えている中で、以下のように悩んでいませんか?

 

  • そもそもバイトを掛け持ちするメリット、デメリットはなに?
  • 確定申告とかややこしくならないかな?
  • 税金面はどうなるの?

 

1つでも該当する方は、ぜひ本記事をご覧ください。

本記事では、フリーターが掛け持ちバイトをするデメリットを解説するとともに、選択すべき基準を解説しています。

フリーターが掛け持ちバイトをする5つのデメリット

フリーターが掛け持ちバイトをするデメリットは、以下の5つです。

  1. 身体的な負担が大きい
  2. 覚えるべき仕事も2倍になる
  3. シフト調整が難しくなる
  4. 税金や保険料の支払いが発生する
  5. 面倒な確定申告をする必要がある

身体的な負担が大きい

1つ目は身体的な負担が大きくなることです。

掛け持ちして、労働時間が減少する人はあまりいません。

 

掛け持ちバイトを行う場合の多くは、労働時間が増えます。

つまり、その分体を駆使することになります。

覚えるべき仕事も2倍になる

働き先が増えることで、覚えるべき仕事も2倍になります。

 

同じ業界で、掛け持ちするのであれば、順応しやすいかもしれません。

しかしそれでも職場ごとにルールややり方が異なるので、覚えるべきことは増加します。

 

また異なる業界であれば、一から覚える必要があり、覚えるべき仕事はさらに多くなります。

シフト調整が難しくなる

シフト調整が難しくなることもデメリットの1つです。

 

アルバイトの多くは、シフト制で出勤日時が決められます。

掛け持ちバイトをすると、シフト提出日やシフト公開日も職場ごとに異なるため、スケジュール調整が困難になります。

 

元々勤めている職場のシフト提出と、掛け持ちバイト先のシフト提出期間が同様であれば、まだ融通を効かせられます。

しかし、双方が異なる期間でシフト提出しなければならない場合、特にシフト調整が難しくなります。

 

例えば、1つの職場が半月ごとの提出、もう一方が1月ごとの提出という場合です。

この場合は、仕事以外のスケジュールも組みにくくなります。

税金や保険料の支払いが発生する

税金や保険料の支払いが発生する可能性があります。

 

これまで扶養の範囲内の収入だったフリーターも、掛け持ちバイトをすれば収入も上がるでしょう。

しかし収入が上がるということは、その分納めるべき税金や保険料も発生します。

 

元々支払ってきたフリーターも、納税額が収入額に応じて増額します。

面倒な確定申告をする必要がある

面倒な確定申告をする必要があります。

なぜなら、源泉徴収が1つの会社でしか行われないからです。

 

例外として、掛け持ち先の1年の収入額が20万円以下、もしくは1年の総収入額が150万円以下であれば、不要です。

しかし掛け持ちバイトして年収が150万円以下に抑えている方が、稀なケースでしょう。

 

つまり、ほぼ確実に確定申告をする必要があるということです。

確定申告をすることで、納めすぎてた税金が戻ってくる可能性があるので、忘れずに行いましょう。

フリーターが掛け持ちバイトをする2つのメリット

フリーターが掛け持ちバイトをするメリットは、以下の2つです。

  1. 収入が増える
  2. 1つの環境に依存しないで済む

収入が増える

1つ目は、単純に収入が増えることです。

掛け持ちして、働く時間を増やすことで、稼げる金額も多くなります。

 

しかし、働く時間を分配し、総体的に労働時間が変わらなければ、収入は増えません。

時給によって異なりますが、そこまで大差ないでしょう。

 

とはいえ、基本的に自然と労働時間が増え、収入が増える事が多いです。

「お金がない!」とフリーターが感じたときに取るべき3つの行動

1つの環境に依存しないで済む

1つの環境に依存しないで済むことは、掛け持ちバイトの大きなメリットです。

 

1つの職場であれば、日々を過ごす環境は限定されます。

しかし掛け持ちバイトをすることで、その環境を増やせます。

掛け持ちバイトをオススメできる人

掛け持ちバイトをおすすめできる人は、以下の人たちです。

  • 1つ環境ではつまらないと感じている人
  • 目的があって掛け持ちしたい人

1つの環境ではつまらないと感じている人

1つの環境ではつまらないと感じている人にとって、掛け持ちバイトはオススメです。

環境に対する不満を解消するには、自ら動くことが手っ取り早いからです。

 

1人の力で環境を帰ることは難しいです。

しかし、別の環境に移ることは容易にできます。

 

掛け持ちバイトすることで、新たな環境下で働けます。

目的があって掛け持ちしたい人

目的があって掛け持ちしたい人にもオススメできます。

1つの職場で学べることは、限られるからです。

 

特にアルバイトという雇用形態では、大きな仕事も任せてもらいにくいので尚更です。

フリーターの中には、意欲的な人もいます。

 

例えば、特定のスキルを身につけたいと思っている人や、自身の経験を増やしたい人などです。

スキルの取得や、自身のステップアップといったポジティブな要因により掛け持ちは強みになります。

フリーターこそ今すぐ副業を始めよう!3つの優位性とやるべき副業7選

何となく掛け持ちはNG!1つの職場に貢献する方が効率的

何となく掛け持ちバイトするのはNGです。

収入を増やそうにも、デメリットが多いからです。

 

1つの職場に貢献し、時給単価を上げてもらう方が効率的と言えます。

掛け持ちバイトを検討しているのであれば、環境の変化を求めるか、自身のスキルアップを意識しましょう。

おすすめの記事