フリーターが将来の不安を感じるたった1つの原因と2つの対処法

フリーターのまま年齢を重ねると、どうしても不安になりますよね。

何が不安なのかという本質を深掘りしていくと、原因と対処法がわかります。

結論から述べると、多くの場合お金です。

 

世間体や安定性など言われますが、そもそも一生食べれるだけのお金があれば問題ないはず。

しかし多くの人はそんなお金あるはずもないですよね。

もっと深掘りして、お金だけではなくお金に代える何かを持っていればOKです。

 

本記事では、フリーターが将来の不安に感じる原因と2つの対処法をわかりやすく解説しています。

少しでも興味があれば、ぜひ最後までご覧ください。

フリーターが不安に感じるたった1つの原因

フリーターが不安に感じるたった1つの原因は、お金です。

そもそもフリーターにおけるデメリットとして、以下のようなことが挙げられます。

  • クビになりやすい
  • 昇給や賞与がない
  • 怪我や病気で収入ゼロになる
  • 福利厚生や社会保険が弱い
  • 専門的なスキルが身につかない
  • 世間体が悪い

デメリットからわかる不安の本質

デメリットからわかる不安の本質としては、多くがお金から起因しているということです。

世間体や専門的なスキルに関しては、異なるように思うでしょう。

しかし、そもそも生きていく上で十分なお金あれば、特に気になりませんよね。

 

つまり、フリーターが将来に抱える不安の本質はお金なのです。

ちなみにその不安を抱えたまま、フリーターを続けて生きていけばどうなるのでしょうか?

そのままフリーターを続けると不安はどうなるのか

結論から言えば不安は増大し、わりと人生詰みます。

具体的には以下の通りです。

・就職しようと思ってもできなくなっている
・知らない間に同世代との差は埋めれなくなっている
・結婚が夢のように感じる

就職できなくなっている

就職しようと思ってもできなくなっています。

年齢的に言えば、30歳前後から厳しくなります。

 

理由は就職する上で、企業からのニーズが「期待値(若さ)→経験(即戦力)」と移行するからです。

この移行のタイミングが、30歳前後ということ。

つまり、ノースキルの人は早く就職活動をしたほうがいいということになります。

同世代との差は埋めれなくなっている

知らない間に同世代との差は埋めれなくなっているというのも、残念ながら高確率で起きます。

理由は仮に就職したとしても、1から仕事をこなし、実績を積み上げるのに時間を要するからです。

 

そのままフリーターであれば、毎日10時間労働しても、正社員で昇級した同世代の給料を超えることはできないでしょう。

30代の平均年収は400万円ほど。

※参考:民間給与実態統計調査

 

400万円を稼ごうとすると、月の収入は33,3万円以上必要になります。

日給11,000円の仕事を毎日(30日)こなしてようやく辿り着ける金額です。

多くの場合、そこまで高時給の仕事はなく、時間数を増やそうとしても、労働基準法に反するので実質不可能でしょう。

結婚が夢のように感じる

結婚が夢のように感じることも、将来的にリアルです。

フリーターというレッテルに、経済的に頼りないともなれば、なかなか結婚相手を見つけれないでしょう。

 

女性のフリーターであれば、まだ相手がOKなら可能性はあります。

しかし男性の場合はかなり厳しいでしょう。

フリーターの不安を解消する2つの対処法

フリーターの不安を解消する2つの対処法は、以下の通りです。

  1. 就職する
  2. お金を稼げるスキルを身につける

就職する

就職することで、将来の不安を解消できます。

不安の本質的な原因であるお金に関しては、多く稼げるようになります。

加えて、世間体なども気にならなくなります。

20代後半のフリーターだからこそ使うべき3つの就職サイト!動画あり

 

しかし素直に就職しようと思っているのであれば、そもそもフリーターしていないという人もいるでしょう。

現状就職したくない人も、嫌でも就職する必要があるのか。

お金を稼げるスキルを身につける

お金を稼げるスキルを身につけることでも、就職の代わりになります。

つまり、不安を解消できるもう1つの対処法です。

※生半可なスキルではNGで、相応の努力は必須。

 

お金を稼げるスキルを身につけた場合、以下のことが可能になります。

・就職しなくても収入を増やせる
・スキルさえあれば、後からでも就職できる

就職以外で収入を伸ばせ、お金に関する不安を和らげることができます。

もしそれが本業レベルで稼げるようになれば、フリーランスという新たな道を開ける可能性ありです。

フリーターからフリーランスになるためには?具体的な7つのステップ

 

フリーランスまでにならなくても、稼げるスキルを所有していることは大きな実績です。

【稼げる=(企業にとって)即戦力】なので、今から焦って就職する必要性も軽減されます。

フリーターが持つ不安の本質はお金にあり

フリーターが持つ不安の本質はお金にあります。

フリーターのまま生きていけば「何が問題なのか?」にフォーカスして、問題点を深掘りすれば見えてきます。

 

フリーターである現状のまま過ごしていけば、実際危険です。

しかし就職する、もしくは稼げるスキルを個人でも身につけていけば、不安を解消できます。

お金がある、もしくは稼げる状態になることが根本的な解決になります。

 

おすすめの記事