フリーターからフリーランスになるためには?具体的な7つのステップ

フリーターをしているということは自由を求めていませんか?

シフト制である程度自由に働け、今は楽かもしれません。

しかし今後もフリーターのままだと実際、自由どころか制約だらけの人生になってしまいます。

 

でも「就職したくないし、自由でいたい」と思う人も多いことでしょう。

フリーターから選択できる1つの道として、フリーランスがあります。

結論から言えば、フリーターからでもフリーランスになることは可能です。

 

本記事ではフリーターからフリーランスになるための具体的なステップと、目指す際の注意点をわかりやすく簡潔に解説しています。

気になる方はぜひ最後まで読んでみてください。

フリーターからフリーランスになれる理由

フリーターからフリーランスになれる理由は、フリーランスはスキルで仕事を受注するからです。

つまり、スキルさえあればフリーターでもニートでも、フリーランスになれます。

フリーランスになるためには、スキルを取得し、それをお金に替える(マネタイズ)方法を学べばOKです。

フリーランスの仕事

フリーランスの仕事は、以下のように多岐に渡ります。

・ITエンジニア
・YouTuber
・Webライター
・ブロガー
・コンサルタント
・ネットショップ運営
・Webデザイナー etc…

参考:【2021年版】フリーランスの職種30選【ジャンル別・年収付き】

 

オススメはWeb関係の仕事です。

Web関係の仕事であれば、基本的に初期費用などが安く済みます。

例えばブロガーやWebライターは、パソコンと通信環境さえあれば実践可能です。

フリーターからフリーランスになる7つのステップ

フリーターからフリーランスになる7つのステップは以下の通りです。

  1. フリーランスの仕事を選択する
  2. 必要なスキルを学ぶ
  3. スキルを取得する
  4. クラウドソーシングサイトに登録する
  5. 少額でもいいから受注する
  6. コツコツ小さな実績を積み上げる
  7. いつの間にか食べていけるようになる

フリーランスの仕事を選択する

まずはフリーランスの仕事を選択しましょう。

ポイントは、好きなことや得意なことを選ぶこと。

少なくとも興味のある仕事にすべきです。

 

どれくらい稼げそうか?などの年収なども重要です。

しかしフリーターからフリーランス目指すのであれば、ゼロスタートです。

つまりコツコツ継続できなければ、そもそもフリーランスになることは難しい。

必要なスキルを学ぶ

目指すフリーランスを決めたら、それに必要なスキルを学びます。

例えば、ブロガーやWebライターであれば、最終的にWebマーケティング全般を学ぶ必要があります。

Webライティングスキルはもちろん、Webの集客方法やSNSの運用、SEO対策など、さまざまなことを学ぶようになります。

 

しかし最初から全てを学ぶ必要はありません。

実際に行動しつつ、学んでいけばOKです。

スキルを取得する

全てを学ぶ必要はありませんが、基礎的なスキルは取得してから行動しましょう。

「スキルを取得するには、どうすればいいかわからない」という声も耳にしますが、学んでいけば自然とできるようになります。

 

必要なスキルに関する情報をインプットしましょう。

情報源はなんでもいいですが、やはり書籍は有効です。

最低でも5冊以上読んで、身につけたいところです。

 

スキルを学び、取得ばかりに目を向けていてもお金は稼げません。

「基礎的なことはとりあえずOKかな」という状態になれば、その後は行動ありきです。

クラウドソーシングサイトに登録する

結論から言えば、以下のクラウドソーシングサイトに登録しておきましょう。

全て無料で、簡単に登録できます。

・クラウドワークス
・ランサーズ
・ココナラ

 

上記のクラウドソーシングサイトでは、手数料が発生してしまいますが、いきなり個人で仕事を受注するのは難しいでしょう。

まずはサイト経由で仕事を受注していき、稼ぐ感覚を掴みましょう。

少額でもいいから受注する

クラウドソーシングに登録したら、さっそく仕事を提案していきましょう。

※提案とは、募集している仕事に応募すること。

 

はじめは単価が安い案件でもいいので「仕事の流れを掴む」くらいの感覚で、受注していきましょう。

仕事にもよりけりですが、感覚を掴めたら、単価を意識していきます。

単価が安いものだと、普通にアルバイトしているより効率が悪くなることが多いです。

 

単価を意識するポイントとしては、時給換算をすることです。

時給1000円ほどの換算であれば、フリーターからフリーランスになる道はほぼ見えています。

給料がフリーターで稼ぐのと変わらなくなるためです。

コツコツ小さな実績を積み上げる

コツコツ小さな実績を積み上げることで、スキルもさらに向上していき、単価が高い案件もこなせるようになります。

逆に言えば、いきなり高単価の案件は難しいということ。

 

ただ「単価○円が相場」などの固定概念が邪魔している場合もあるので、一概に言えません。

案外、簡単に高単価案件も受注できるかもです。

 

実績作りはあなたの信用に直結します。

ほとんど包丁すら握ったことのない素人の料理と、長年コックをしているプロの料理、どっちを食べたいかと言うと、確実に後者ですよね。

「長年コックをしている」経験から、料理をしてきた実績を伺えるからです。

 

実績を積み上げるということは、それだけ仕事をこなしてきた証になります。

いつの間にか食べていけるようになる

実績を積み上げ、仕事をこなしていくと、自然と単価が上がったり、クライアント(企業)と直接、業務委託の契約を結んだりするようになります。

つまり以下のことができれば、食べていけるようになるのです。

・単価の向上
・仕事量の安定

フリーターがフリーランスを目指すときの5つの注意点

フリーターがフリーランスを目指すときの5つの注意点は、以下の通りです。

  • 覚悟を決める
  • 長期的な時間がかかることを想定しておく
  • 行動の継続を徹底する
  • 自由な働き方だからこそメリハリをつける
  • 副業レベルから開始する

覚悟を決める

覚悟を決めるとは大袈裟ではありません。

フリーランスになるということは、事業提出さえすれば個人事業主にもなります。

つまり、ある意味経営者です。

 

フリーランスに憧れつつも、挫折してしまう人の多くは、生半可な覚悟で臨むからです。

これまで会社や組織に頼って仕事していきたかもしれませんが、フリーランスになると全て自分が行うことになります。

責任も全て自分です。

 

なんのスキルもないフリーターからフリーランスに移行するには、それなりの覚悟が必要なのです。

長期的な時間がかかることを想定しておく

覚悟と類似しますが、長期的な時間がかかることを想定しておくことも重要です。

そもそもフリーターからフリーランスへの転身は、簡単にできるものではありません。

 

仕事を安定的に得るようになるまでには、長期的な時間がかかります。

※短くとも1年くらいは見といた方がいいでしょう。

行動の継続を徹底する

行動の継続は必須です。

隙間時間にできるような仕事もありますが、それではフリーランスまでの道のりは厳しいでしょう。

日々の積み上げを重ねることで、ようやく見えてきます。

 

稼げるようになると、週3日だけの仕事で生計を立てれるようにもなります。

しかし今どんなすごい人でも、毎日コツコツ行動と実績を積み上げてきた結果なのです。

フリーランスを目指す段階では、毎日の行動とその継続は必須。

自由な働き方だからこそメリハリをつける

自由な働き方だからこそメリハリをつけることも重要。

自由なライフスタイルに憧れるがあまり、仕事とプライベートの境界線がなくなりがちです。

しかし、それではずっとだらだらしてしまったり、仕事が手につかなくなる可能性が大きいので、メリハリをつけましょう。

 

具体的には以下のように、マイルールを決めるのがオススメです。

  • 働く時間帯を固定する
  • 作業時は必ずカフェに行く
  • その日のタスクが終わっていない状態で、遊びに行かない etc

副業レベルから開始する

副業レベルから開始すると継続しやすいです。

フリーランスを目指すにあたって、まず挫折するポイントが「思ったより全然稼げない」ということ。

つまり、開始してから稼げるようになるまでの期待値が高すぎるのです。

 

期待値を「はじめの1年は稼げなくても仕方ない」という副業のようなレベルまで下げることで、上記のギャップは感じなくなります。

唯一の失敗は目指すのを辞めてしまうことです。

 

「何をやっても続かない、どうせ自分には無理だ」など思っている人向け。

自分の考えや価値観を根底から変えたい場合、以下の書籍がオススメです。

フリーターからフリーランスになって本当の自由を手に入れよう!

フリーターからフリーランスになれれば、就職せずとも本当の自由を手に入れれます。

しかし注意点でも解説したように、容易ではありません。

とはいえ全く不可能でもありません。

 

SNSなど見ていると理解できますが、多くの人がフリーランスとなり、自らのスキルをマネタイズできています。

その人々が特別だったというわけでもなく、しっかり学つつ行動を続けた結果なのです。

案外あなたにも未だ知らなかった好きなことや得意なことを通じて、フリーランスになれるかもしれません。

おすすめの記事