フリーターから正社員になるのは難しい?3つの成功ポイントを徹底解説!

フリーターは自由なライフスタイルで過ごすことができ、ストレスも感じにくいので正直楽です。

しかし、いつまでもフリーターではいられないのは事実でしょう。

フリーターのまま生涯を過ごすことは難しいです。

 

これまでフリーターしていた人でも、年齢的に就職活動をしようとしている人も少なくないはず。

そんな中でこんなふうに感じていませんか?

  • フリーターから正社員になるには難しい…
  • どうやったら就職できるの?
  • 就職サイトもいっぱいあるけど、どこがいいの?

 

本記事ではフリーターから正社員になるのは難しいと思っている人に向けて、その理由と突破法を解説していきます。

誰でも理解できるように簡潔に記載しているので、気になる方はぜひ最後までご覧ください。

フリーターから正社員になるのは難しいと思われる理由

フリーターから正社員になるのは難しいと思われる理由は、以下の通りです。

・フリーターの印象
・就職活動に対する本気度
・「一人でやろう」という考え

フリーターの印象

1つ目はフリーターの印象。

そもそもフリーターは世間体的に印象が悪いです。

理由は以下の通り。

  • きちんと働いていない
  • すぐに辞めると思われている
  • 責任感がない
  • 能力がないと判断されやすい

 

逆にいえば、選考プロセスで上記のように思われないようにできれば、フリーターにおける悪い印象を払拭できます。

具体的にフリーターの悪い印象を払拭するには、フリーターをやっていた理由をポジティブに伝えることが重要です。

 

「ただ単に就職する気がなかったので、フリーターをしていた」なんてことは、仮に事実であっても言わないようにしましょう。

例えば、「資格の勉強を確保するために、あえてフリーターしていた」などであればポジティブな理由により、企業側も納得しやすいです。

ポイントは目的のためのプロセスとして、フリーター期間を有効活用していたこと

就職活動に対する本気度

就職活動に対する本気度においても、難しいと思われる要因です。

フリーターの多くは就職活動しようと思っても、本気で行っていない傾向があります

例えば、自ら本で勉強したり、企業分析をするなどの行動です。

 

フリーターであるが故に、アルバイト生活に戻れば「とりあえず生活はまだなんとかなる」という気持ちが出てしまっていることが多いです。

反対にしっかり取り組めば、それだけで他者と差別化できます。

理由は、それほど本気で取り組む若者が少ないからです。

「一人でやろう」という考え

「一人でやろう」という考えが、最も難しくしてしまっている原因です。

フリーターから正社員になるのは、正社員から別の職種の正社員になることと比較すると、難しいと言わざる得ません。

理由は経歴だけでなく、実績の違いです。

 

そのなかで就職活動を一人で行うことは、余計に難易度を上げてしまっています。

どうしても一人で行いたい場合は、それ相応の努力や分析が必要になります。

フリーターから正社員になる3つの成功ポイント

フリーターから正社員になる成功ポイントは、以下の3点です。

①就職活動を本気で取り組むことを決める
②求人案件において譲れない要素を3つ決める
③フリーターに特化した就職サイトを活用する

就職活動を本気で取り組むことを決める

就職活動を本気で取り組むことを決めましょう。

フリーターから正社員になることは可能です。

しかし片手間にできるほど、容易ではありません。

 

「○月までには内定をもらう!」など期限を決めて行動するのがおすすめです。

決めれば、行動に全力コミットしましょう。

行動せずに考えているだけでは、内定はもらえません。

求人案件において譲れない要素を3つ決める

求人案件において譲れない要素を3つ決めることで、ブレない就職活動を行うことができます。

譲れない要素は、以下のようなものを決定しましょう。

  • 最低限の年収
  • 休日日数
  • 業界や職種

 

ただ漠線と探していては、決まるものも決まりにくいので注意が必要です。

 

稀に人間関係などを気にする人がいます。

しかし、人間関係に関しては入社してみなければ、知り得ないものでしょう。

強いて言うなら、企業の離職率を参考にしてみるのも1つの手です。

    フリーターに特化した就職サイトを活用する

    フリーターに特化した就職サイトを活用することで、成功率を大幅に高めれます。

    そもそも就活経験が少ないフリーターにとって、一人で行うことは困難です。

    就職サイト、エージェントは無料で利用できるので、素直に頼ることをおすすめします。

     

    内定率80%以上のサイトや、ブラック企業を徹底排除しているサイトも存在します。

    詳しくは以下の記事を参考にしてみてください。

    20代後半のフリーターからでも就職できるの?就職サイト3社を徹底調査!

    フリーターから正社員になるのは難しいと思われる職種

    フリーターから正社員になるのは難しいと思われる職種は、以下の2つです。

    ・特別なスキルが必要な職種
    ・いきなり高待遇な職種

    特別なスキルが必要な職種

    1つ目は、特別なスキルが必要な職種です。

    そもそもフリーターでは、自ら行動して資格などを取得しない限り、特別なスキルを持っていません。

    理由はアルバイトでそのような仕事を任せてもらえないらです。

     

    もし特別なスキルを要する職種に就職したいのであれば、まずそのスキル取得にフォーカスするべきでしょう。

    まだ若いのであれば、スキル取得に専念するのも1つの手です。

     

    フリーターは悪いことばかりではありません。

    目的のための時間を作れるという意味では、フリーターは優位な立場にあります。

    今から身につけるならどんなスキルがいい?稼げるスキル7選を徹底解説

    いきなり高待遇な職種

    いきなり高待遇な職種も難しいと言わざる得ません。

    フリーターから正社員になる時点で、多くの実績を積み上げれていないでしょう。

    いきなり高待遇の求人は、基本的に提示できる実績を必要とします。

     

    例えば、就職サイトの中ではビズリーチなどがそれに該当します。

    公式サイトでも即戦力を謳っており、フリーターから正社員となる現段階では難しいかもです。

    フリーターから正社員へなるためのおすすめの職種【8選】

    フリーターから正社員へなるためのおすすめの職種は、以下の8つ。

    ※おすすめの職種とする理由は、ニーズが高いことにより就職しやすく、特別なスキルを必要としない場合が多いからです。

    ・営業
    ・販売
    ・飲食
    ・事務
    ・介護
    ・製造
    ・建築、土木
    ・コールセンター

    営業

    営業とは、会社の利益のために商品やサービスを販売したり、契約を結んだりすることです。

    営業におけるメリットは自己成長に繋がること。

    例えば、営業をする中で以下のようなスキルが身につきます。

    • 対人コミュニケーションスキル
    • マーケティングスキル
    • セールストークスキル
    • タイムマネジメントスキル
    • ヒアリングスキル

     

    営業で実績を出せれば、例え業界が変われど融通が効きやすいです。

    どの業界においても営業は必要だから。

     

    しかしデメリットも存在します。

    営業は数字(利益)が全てであることです。

    つまり数字を出さなければ、評価されることもありません。

     

    実力主義でのし上がっていきたい人にとっては、打って付けの職種でしょう。

    販売

    販売は一見、営業と似ているように感じます。

    しかし営業が商品やサービスを売り込むことに対して、販売は求めてくるお客さんに売ることです。

    アパレルやお土産やなどが、販売に該当します。

     

    販売業を通じて得られるスキルは、以下の通りです。

    • 対人コミュニケーションスキル
    • 提案スキル

     

    デメリットは、世間の休み期間は繁忙期であることや残業が多い、勤務時間がシフト制でバラバラなどが挙げられます。

    平日に休みを取りたい人は、融通が効くのでおすすめです。

    飲食

    飲食業は学生時代やフリーター時代に、経験したことがある人が多いのではないでしょうか。

    飲食業は現在コロナ禍で業績悪化が多いイメージですが、基本的に衣食住の1つなので、亡くなることはありません。

    加えて、以下のようなスキルが身に付きます。

    • 対人コミュニケーションスキル
    • 調理技術
    • マネジメントスキル
    • 人材管理スキル
    • 柔軟性

     

    飲食業は誰でも就職でき、給与も安いイメージがあります。

    実際に業界的に見れば、傾向として間違いではありません。

    しかし真面目に取り組めば上記のようなスキルが身につき、昇給することもあります。

     

    試しにアルバイトから入社し、社員雇用に切り替えるという手もありです。

    飲食はお客さんとのコミュニケーションや、調理自体の楽しみを覚える人にとっては最高の職種でしょう。

    事務

    事務の仕事は書類作成や整理、データ入力、電話対応など、企業にとって必要な業務全般です。

    基本的にパソコンでの作業がメインですが、中には特別なスキルを要する事務作業もあります。

    とはいえ、営業などと比較するとスケジュールが調整しやすく、未経験からでも可能というメリットもあります。

     

    事務作業は黙々と作業していればいいという印象を持たれやすいです。

    しかし事務員も企業の一員なので、営業と連携を取るなど、最低限のコミュニケーションスキルは必要になります。

    比較的決まった時間に働い退社できるという点で、自分の時間を優先したい人にとっておすすめな職種です。

    介護

    介護職は、今後ますます需要が向上する職種です。

    理由は少子高齢化が進んでいるにも関わらず、慢性的な人手不足が続いているから。

    年齢や経験を問わない求人も多いため、就職はしやすいというメリットがあります。

     

    しかし人を介護するにあたって、働きながら専門的な知識を身につける必要があります。

    人の役に立ちたいという人にとっては、やりがいを感じれる職種です。

    製造

    製造職も経験やスキルに問わず、採用されることが多いです。

    仕事内容に単純作業をイメージしやすいですが、案外身に付くスキルがあります。

    • 製品や生産現場に関する知識
    • マーケティングスキル
    • マネジメントスキル
    • トラブル対応におけるスキル

     

    製造職は社内の中でも、さまざまな部署の人間と関わりを持てます。

    さらにモノづくりの全体像を見れます。

    人との関わり合いやモノづくりが好きな人にとっては、魅力の多い職種です。

    建築、土木

    体力に自信がある人は、建築や土木も検討すべき職種です。

    未経験からでも仕事でき、サービス業などと比較すると給与も高い。

    加えて、建築物や道路などは定期的なメンテナンスが必要であることから、将来的に仕事がなくなることは考えにくいです。

     

    学歴や経歴で判断されにくいこともメリットの1つです。

    コールセンター

    コールセンターも就職するのにおすすめな職種です。

    生涯コールセンターの現場というのは難しく思いますが、昇進すれば管理職に行くこともあり得ます。

    加えて、ビジネスマナーや事務スキルも併行して身につくので、転職にも有利です。

     

    メリットは研修などがあり、未経験からでも働けることや快適なオフィスで働けることなどが挙げられます。

    契約社員という雇用形態からでも就けるので、比較的入りやすい職種になります。

    フリーターから正社員へなるためのおすすめの就職サイト【3選】

    フリーターから正社員へなるためのおすすめの就職サイトは、以下の通りです。

    ・ハタラクティブ
    ・マイナビジョブ20’s
    ・ウズキャリ第二新卒/ウズキャリ既卒

    フリーターから正社員になることは可能ですが、簡単とは言えません。

    とはいえ自分に合っていない企業に就職なんかしたくないと思います。

    そのためには素直に他人に頼りましょう。

     

    最終的に就職活動を行うのは自分です。

    しかし書類選考や面接対策、あなたに合った企業の紹介など、大きなサポート得られます。

    フリーターから正社員はそこまで難しくない!

    厳しい見解もありましたが、実際フリーターから正社員はそこまで難しくないです。

    ただ簡単にできるとも思ってはいけません。

    多くの人は本気で就職活動をしていなかったり、誤ったやり方をしています。

     

    そもそも考えるばかりで行動できていないなんてパターンもあります。

    だからこそ余計に、フリーターから正社員になることは難しいと言われているのです。

    事前準備をしっかり行い、正しいやり方で行えば「就職先が全くない!」なんてことはありません。

    おすすめの記事