フリーターから正社員になる!面接で聞かれる7つの質問と答え方【超重要】

フリーターから正社員になることは、メリットが多く賢明な判断と言えるでしょう。

正社員になることで、給料が安定し、福利厚生も手に入ります。

何よりこれまで気にしていた周囲の目も、気にならなくなります。

 

しかしいざフリーターから就職しようとしても、以下のようなことで悩んでいませんか?

  • フリーターに特化した面接対策の情報が少なく、困っている。
  • フリーターにはどんな質問をされるの?
  • 質問にはどう答えるのが正解なの?

 

本記事ではフリーターが正社員を目指す際に、聞かれやすい7つの質問をピックアップしました。

質問の答え方についても、回答例付きで詳しく解説しているので、気になる方はぜひ最後までご覧ください。

フリーターが正社員になるために面接ですべきこと

フリーターが正社員になるために面接ですべきことは、フリーターの悪い印象を払拭することです。

フリーターの悪い印象とは、具体的に以下の通りです。

  • きちんと働いていない
  • すぐに辞めると思われている
  • 責任感がない
  • 能力がないと判断されやすい

フリーターから正社員になるのは難しい?3つの成功ポイントを徹底解説!

 

フリーターは残念ながら肩書き的に、好印象を持たれることはありません。

普通の転職と異なり、スタートラインから不利な状況と言えます。

しかし、不利な状況は答え方次第で、払拭できます。

 

そもそも一人での面接対策が不安な人は、プロに頼むのも有効な手段です。

20代後半のフリーターからでも就職できるの?就職サイト3社を徹底調査!

フリーターが面接で聞かれる7つの質問

フリーターが面接で聞かれる7つの質問は、以下の通りです。

①なぜフリーターをしていたのか?
②アルバイトでは何をしていたのか?
③なぜ就職しようと思ったのか?
④弊社を選んだ理由はなんですか?
⑤アルバイトでの成功経験と失敗談
⑥アルバイト以外の活動は何しているのか?
⑦なぜこれだけの期間フリーターをしていたのか?

なぜフリーターをしていたのか?

まず間違いなく聞かれるのは「なぜフリーターをしていたのか?」です。

普通なら新卒時に就職するのが普通であるのに、就職していないということに対して、不信感のようなものを抱いているから。

本当に正社員としてしっかり働いてくれるのか、すぐに辞めないだろうかなどと思われています。

 

「なぜフリーターをしていたのか?」に対する答え方のポイントは、ポジティブな理由であることです。

  • 目指しているものがあったから
  • 自身のスキルアップにために活用した

ポジティブな理由に加えて、正社員になろうと思ったきっかけを付加しましょう。

 

回答例は以下の通りです。

フリーランスを目指し、資格の勉強をするために、あえてフリーターをしていました。しかし、資格だけでは個人で稼ぐのは難しいということを痛感しました。まずは社会人として実際に仕事をこなしつつ成長したいと考え、正社員になることを決意しました。

アルバイトでは何をしていたのか?

「アルバイトでは何をしていたのか?」という質問も、ほぼ確実に聞かれるでしょう。

ただ単に職種を答えるだけでは、NGです。

採用担当者が知りたいのは、アルバイトにおける仕事経験以外に以下の内容を知りたがっています。

  • アルバイトの経験から何を学んだのか
  • 学んだことをどのようにアウトプットするのか

 

とはいえ「自分には何もスキルがない、学んだことと言われても…」とも悩む人もいますよね。

例えば、アルバイトで多い飲食のアルバイトでも、調理関係以外に、対人コミュニケーションスキルやマネジメントスキル、チームワークなどが身につきます。

回答例では以下の通りです。

アルバイトの勤務先では効率性、チームワーク、コミュニケーション能力が求められました。現場ではお店の売上と顧客満足度を向上させるために、スタッフ同士が効率的に連携を取り、お客様とのコミュニケーションを欠かさず実践しました。その結果、コロナ禍でも売上を落とさず経営することができました。御社の仕事においても、効率的に仕事をこなし、コミュニケーション能力を活かして、顧客と良好な関係を築きたいです。

なぜ就職しようと思ったのか?

「なぜ就職しようと思ったのか?」の質問から採用担当者が確認したいのは、就職に対する本気度です。

当然、給料が高い、福利厚生などを答えてしまっては、弱い回答です。

やりがいや、自身のスキルアップなどを理由に話すのが吉。

 

回答例は以下の通りです。

アルバイトとして働いていた正社員が責任感を持ち、いきいきと働く姿を見て、自分もやりがいのある仕事をしたいと思い、就職を決意しました。

弊社を選んだ理由はなんですか?

「弊社を選んだ理由はなんですか?」という質問はフリーターに限らず、聞かれる質問でしょう。

ポイントは「どうしてもここの会社でなければならない!」という主張をすることです。

つまり、どこにでも当てはまるような回答は、説得力にかけるのでNG。

 

とはいえ、そんなことすぐに思いつかないですよね。

できることならその企業の商品やサービスを、実際に利用してみるのがオススメです。

その中で、その企業にしかないものを要素として取り入れます。

 

具体的な要素は、以下の通りです。

  • 実際に働いているスタッフ、社員
  • サービス、商品
  • 雰囲気

 

回答例は以下の通りです。

実際に御社のサービスを幾度か利用したことがあります。その中で顧客のニーズに沿うようにこまめに改善していくサービスが、本当に顧客第一にしていると感じました。私自身、御社のサービスのように顧客に心から満足してもらえることを仕事としていきたいと考えています。加えて、サービスを受けた際に、御社のスタッフ皆がいきいきとしていたのも、理由の1つです。

アルバイトでの成功経験と失敗談

「アルバイトでの成功経験と失敗談」を聞かれたら、とにかく具体的に答えましょう。

例えば、失敗談であれば、具合的にどんな失敗をして、そこからどのように改善していったのかを話すことです。

改善した方法や気概を話すことが重要です。

 

採用担当者は失敗談の場合、以下のようなことを知りたがっています。

  • ちょっとやそっとで折れない根性があるかどうか
  • 失敗から学び、次に活かせることができるかどうか

アルバイト以外の活動は何しているのか?

「アルバイト以外の活動は何しているのか?」というのも聞かれやすいです。

なぜならフリーターは正社員と比較して、時間に余裕があるので、他にもしていることはある場合が多いからです。

目的のためにフリーターをしている場合、その目的のために活動していることを話せばOKです。

 

しかし「特にそんなこれといって打ち込んでいるものはない…」という人もいますよね。

その場合はプライベートが充実していることをアピールしましょう。

 

プライベートが充実しているということは、ストレス発散方法を知っているということになります。

ストレスを発散できているということは、自己管理ができているとも捉えれます。

若者はストレスを溜めやすいので、最近では特に重要かもしれません。

 

回答例は以下の通りです。

連休のときはよく旅行に行ってます。旅行が大好きで、悩んだりした時でも自分の中で気持ちがリセットされます。さまざまな場所でいろんな人と出会えたりするので、新たな刺激を受けるという点で、旅行は魅力的だと思います。

なぜこれだけの期間フリーターをしていたのか?

「なぜこれだけの期間フリーターをしていたのか?」という質問もフリーターはよく聞かれます。

特に長期的にフリーターをしていた場合、突っ込まれやすいポイント。

この点もできるだけポジティブな回答が望ましいです。

  • 目的達成のためにこれだけの期間が必要だった
  • やりたい仕事が複数あったので、全て試してみた

 

重要なのは、きちんと行動していたことです。

恥ずかしながらやりたいことが見つからず、フリーターをはじめました。しかし模索する中で、興味のある仕事を見つけることができました。しかしそれには資格が必要でした。なのでその後は資格取得のために、勉強する期間としてフリーター期間を延長した次第です。

採用担当者がフリーターに面接で確かめたい3つのこと

採用担当者がフリーターに対して、面接で確かめたい3つのことは以下の通りです。

・困難にあたっても、逃げずに立ち向かえるか?
・正社員としてきちんと働く気はあるか?
・すぐに辞めないか?

上記のことを面接で伝えられれば、採用確率は大幅に向上します。

困難にあたっても、逃げずに立ち向かえるか?

フリーターは責任感のある仕事をこなしてきた経験が、あまりありません。

上記の理由により「業務上、困難にあたっても、逃げずに立ち向かえるか?」ということを確認したがります。

 

悪い表現をすれば、アルバイトの雇用形態は逃げやすいです。

辞めてもアルバイトであれば、すぐに違う仕事に就くことができます。

なのでフリーターから正社員になるにあたって、逃げずに立ち向かう姿勢が特に重視されます。

 

面接だけでなく経歴においても、1つの職場で長く勤めていた経歴はプラスに働きます。

正社員としてきちんと働く気はあるか?

「正社員としてきちんと働く気はあるか?」という確認事項も、フリーターの特徴が原因です。

フリーターにおける仕事とは異なり、組織の中心を担う存在になります。

仕事の規模や責任がまるで違ってきます。

すぐに辞めないか?

初、もしくは久しぶりの正社員ということもあり、フリーターの時と比較すると、環境が大きく変わります。

採用担当者が「すぐに辞めないか?」を確認したいのは、至極当然のことです。

雇う側も金銭的、時間的リスクを負うので、継続的に働き、利益に貢献していくれるであろう人材を採用したいもの。

面接対策をしてフリーターから正社員になろう!

面接対策をきちんとしていけば、フリーターから正社員になれる可能性は大幅に向上します。

フリーターだからこそ聞かれる質問に対して事前に知っておき、対策を練ることが重要です。

フリーターだからこそ聞かれる質問は、以下の通り。

①なぜフリーターをしていたのか?
②アルバイトでは何をしていたのか?
③なぜ就職しようと思ったのか?
④弊社を選んだ理由はなんですか?
⑤アルバイトでの成功経験と失敗談
⑥アルバイト以外の活動は何しているのか?
⑦なぜこれだけの期間フリーターをしていたのか?

本記事を読んだあなたはぜひ参考にして、面接で取り入れてみてください。

どうしても面接対策が不安な人は、プロに頼むのも有効な手段です。

おすすめの記事