「フリーターとは付き合えない」4つの理由と付き合えるフリーター

フリーターをしていると、女性とは付き合えないと思うことありますよね。

残念ながらこの気持ちは、正解です。

多くの場合、フリーターでは付き合えないです。

 

性別にもよりけりですが、特に男性フリーターは危険です。

そこで本記事では「フリーターとは付き合えない」言われる4つの理由を解説します。

反対に付き合えるフリーターの特徴も併せて解説していきますので、気になる人はぜひ最後までご覧ください。

「フリーターとは付き合えない」と言われる4つの理由

「フリーターとは付き合えない」と言われるのには、以下の4つの理由があります。

  1. 経済力の欠如
  2. 乏しい将来性
  3. 頼りないイメージ
  4. 冷たい周囲の目

経済力の欠如

フリーターとは付き合えないと言われるにあたって、経済力の欠如は否めない理由の1つです。

昇給もしにくく、ボーナスもないフリーターは正社員と比較すると、明らかに収入の差があります。

 

正社員とフリーターの格差より|厚生労働省

 

今では副業やリモートワークの促進で、さまざまな働き方があることに気づいた人も多いでしょう。

これにより「就職する気持ちが余計になくなった」と言う声も耳にします。

しかしやはり「フリーター×副業」「正社員×副業」となったとしても、上図の格差は縮まらないと思います。

 

副業を始めるにあたってフリーターには優位性があります。

フリーターこそ今すぐ副業を始めよう!3つの優位性とやるべき副業7選

しかし経済的な地盤が異なるので、同じ作業をこなした場合、本業による格差は残ったままです。

乏しい将来性

経済的な理由と並行して、将来性も乏しいのがフリーターです。

フリーターでは、昇級などほぼ無縁の状態です。

加えて福利厚生も整っていない環境で働いてる人がほとんどでしょう。

 

「フリーターとは付き合えない」と言われるのも当然です。

女性目線で言えば、一時的に付き合うのであれば、まだ問題は軽減されます。

しかし将来のことを考えた場合、相手がフリーターであることは自身の将来にもダメージが降りかかってくるのです。

 

フリーターは努力に応じて収入が増えたり、地位が上がったりしません。

労働時間に対する報酬があるのみなので、将来性は乏しいと言わざる得ません。

頼りないイメージ

経済的、将来的にも欠陥しているとなれば、当然イメージとしては頼りないものになりやすいです。

残念ながらどれだけ人間が魅力的であっても、世間から見たステータスは低い。

つまり、そのステータスの低さがイメージに直結してしまうのです。

冷たい周囲の目

頼りないイメージから周囲の目も冷たいことが多いです。

フリーターであるあなた自身ではなく、そのフリーターと付き合う人にまでその目線は向けられます。

フリーターは経済的にも将来的にも頼りないイメージで、間違いなく好印象ではありません。

 

女性からすれば「フリーターと付き合っている」というのは、悪いステータスとなってしまいます。

もし「私は周りの目なんか気にしない」という人が現れたら嬉しいですよね。

しかし残念ながら経済面や将来性の観点から、長期的に付き合うのは難しいでしょう。

「フリーターとは付き合えない」と言われてるのは真実

フリーターとは付き合えないと言われる理由を解説しましたが、「本当にそんなこと言われるの?」など思う方もいるのではないでしょうか。

残念ながら真実です。

 

もし今のあなたが普通に彼女と過ごせているのであれば、フリーターの中でもまだ年齢が若い可能性が高いです。

理由は20代前半など年齢が若ければ、フリーターとは付き合えない理由の「将来性」に関しては払拭できるから。

 

では「とにかくフリーターはどんなやつでもダメなのか!?」と聞かれればそうでもありません。

フリーターでも付き合えるフリーターが存在します。

※顔やルックスの良し悪しなどではなく。

付き合えるフリーター3つの特徴

付き合えるフリーター3つの特徴は以下の通りです。

  • 自らの目標のためにあえてフリーターをしている
  • 資格取得など勉強するためにあえてフリーターをしている
  • 将来のことを考えてあえてフリーターをしている

 

つまり、フリーターである理由がきちんとした理由であればOKです。

ポイントは「あえてフリーターをしている」ということ。

 

目標達成や資格の取得などは、時間があるに越したことはありません。

時間を確保するために、必要最低限の生活費だけアルバイトで稼ぎつつ、勉強しているのであれば、フリーターというレッテルなど気にする必要ありません。

 

「就職したくない、遊びたいだけ」などの理由は論外です。

※経済的に一生暮らせるくらい余裕がある人などは例外。

「フリーターとは付き合えない」言われるのが嫌なら

結論から述べると、「フリーターとは付き合えない」言われるのが嫌なら取るべき選択肢は、以下の2通りしかありません。

①フリーターを脱出する
②将来的な目的を見つけ、それに向かって進む

「フリーターとは付き合えない」と言われる理由が以下の通りなので、下記の要素を除去できれば言われる筋合いはありません。

  1. 経済力の欠如
  2. 乏しい将来性
  3. 頼りないイメージ
  4. 冷たい周囲の目

 

簡単に言えば将来性のある仕事に就き、経済的余裕を作り、世間体を払拭することです。

つまりもっとも簡単な方法がフリーターからの脱出、就職することです。

フリーターを脱出する

フリーターを脱出するということは、つまり就職です。

嫌ですよね。

 

フリーターは特にこれといった責任もなく、自由に働けます。

しかしそのままでは危険だということに、薄々気づいているはず。

どうせいつかは就職すると思っているのであれば、早期の行動を強くオススメします。

 

フリーターからの就職は、就職の中でも年齢が特に重要になってきます。

若ければ若いほど有利なのは、なんとなくイメージできるでしょう。

実際に若い方が有利です。

 

若い方が有利な理由は、若ければ将来性に期待してくれるからです。

しかし20台後半や30歳を過ぎてくると、即戦力が求められます。

 

他の人にはできない特別なスキルを持っていれば、問題ありません。

しかしアルバイト生活を過ごす中で、他者と差別化できるほどのスキルを持っているフリーターはそうそういません。

だからこそ早期の行動が重要になるのです。

将来的な目的を見つけ、それに向かって進む

仮にあなたが年齢的に若く、時間的に余裕があるのであれば「将来的な目的を見つけ、それに向かって進む」という選択肢もありです。

「フリーターとは付き合えない」と言われない例外が、目標のためにあえてフリーターをしているだから。

 

ただ一朝一夕で到達できる簡単な目標なんて存在しないでしょう。

だからこそ若いフリーター限定の選択肢になります。

 

今ではパソコン1つで稼げる時代です。

想像以上の努力が必要になりますが、事実としてフリーランスなどは増加傾向なので、チャレンジしてみても良いでしょう。

「フリーターとは付き合えない」と言われる理由を払拭しよう!

フリーターは基本的に経済的な問題があったり、将来性が低く見られるので「フリーターとは付き合えない」と言われるのは、仕方のないことです。

言われる理由を払拭していき、しがらみなくお付き合いしたいですよね。

具体的には就職するか、付き合えるフリーターになるかどちらかです。

 

残念ながら簡単な方法は就職です。

面倒かもしれませんが、そのままフリーターで年老いていくと、取り返しがつかないことになるかもしれません。

おすすめの記事