フリーターこそ今すぐ副業を始めよう!3つの優位性とやるべき副業7選

近年副業を禁止する企業は、少なくなりつつあります。

多くの人が副業の重要性を理解し始めたからです。

副業が重要な理由は会社だけに依存すると安定せず、危険だから。

 

このような情勢の中で、フリーターが副業を始めることに優位性があるのをご存知でしょうか?

特別なスキルはあるに越したことはないですが、ノースキルでも始めれる副業も合わせてご紹介します。

  • フリーターが副業を始めるなら何がいい?
  • 具体的に何から始めればいいの?
  • フリーターでも副業ってできるの?

 

本記事では上記の疑問にフォーカスして、わかりやすく簡潔に記載しているので、気になる人はぜひ最後までご覧ください。

フリーターが副業する3つの優位性

フリーターが副業する3つの優位性は、以下の通りです。

  • 時間がある
  • 心に余裕がある
  • 組織に染まっていない

時間がある

フリーターは正社員と比較すると、時間があるはずです。

時間があるということは、副業に取り組む時間も余裕があります。

 

多くの人が副業で挫折する理由の1つとして「副業に割く時間を確保できない」という理由があります。

しかしフリーターは働く時間に融通効かせることができるため、副業する時間を確保できます。

 

そもそも副業で収益を上げようとすると、相応の努力が必要不可欠。

正社員が本業に割いている時間をフリーターは副業に費やすことができるので、成果も上げやすいです。

心に余裕がある

フリーターは副業するにあたって、時間だけでなく心にも余裕があります。

正社員と比較すると責任感の大きい仕事はする必要なく、残業も少ないため、精神的に楽だからです。

 

本業がきつい正社員だと、どうしても本業に意識が行きがちで、副業に取り組む精神も折れやすいです。

この点副業を取り組む上で、フリーターに優位性があります。

組織に染まっていない

フリーターは正社員よりも会社に依存していることは少なく、組織に染まっていません。

組織に染まっていないということは、副業などの仕事を始める上で、自由なマインドを持っています。

 

正社員だと毎日同じルーティンで、会社に対して「帰属意識」を持ちやすいです。

つまり、正社員よりもフリーターの方が副業を継続しやすく、本格的に取り組めます。

フリーターが副業を始める前に知っておくべき注意点

フリーターが副業を始める前に知っておくべき注意点は、副業には2種類あることを知っておくことです。

2種類のうちで選択肢を間違えれば、将来的に大きな差が出てしまいます。

 

具体的には以下の2種類です。

  • スキルが身につかない副業
  • スキルが身につく副業

スキルが身につかない副業

スキルが身につかない副業とは、頭を使わない単純作業の仕事です。

ここで言うスキルとは、将来的にも価値のあるスキルのこと。

 

例えばフリーターしつつ、アルバイトをさらに増やしても、おそらく有益なスキルは身につかないでしょう。

飲食業に勤めており、最終的に「自分のお店を持ちたい」などの願望があれば、アルバイトの掛け持ちでもスキルの向上と言えますが、多くの場合スキルは身に付きません。

将来的に価値のある、つまりお金に変えやすいスキルを身につけた方が賢明です。

スキルが身につく副業

スキルが身につく副業とは、将来的に人生の選択肢を増やせる副業です。

スキルを身につけることにフォーカスすれば、極端な話、食いっぱぐれることはないでしょう。

有名な2ch開設者のひろゆき氏もエンジニアに関して、同様に述べています。

エンジニアも強いスキルを取得できる副業です。

身につけるべきスキルはプログラミングとなります。

エンジニアに限らず、将来的に役立つスキルを身につけれる副業は他にもあります。

フリータがーやるべき副業7選

フリータがーやるべき副業7選は、以下の通りです。

  1. ブログ・アフィリエイト
  2. Webライター
  3. 仮想通貨
  4. BASE
  5. ココナラ
  6. YouTube
  7. プログラミング

 

これらの副業は少なからず、有益なスキルが身に付きます。

 

さらに副業を行うにあたって、リスクがかなり少ないのも推奨理由の大きな要因

初期費用がほとんどかからないからです。

全てパソコンと通信環境さえあれば実践可能。

ブログ・アフィリエイト

ブログ・アフィリエイトでは、Webマーケティング一連のスキルが身に付きます

そもそもマーケティングとは、商品やサービスが売れるようにするための販売戦略や、市場活動全般のこと。

極端な話、Webマーケティングスキルを身につけてしまえば、ネットで何でも売れる人になります。

 

始め方は簡単で、WordPressなどでサイトを立ち上げ、記事を投稿していくだけです。

ブログ・アフィリエイトではWebマーケティング以外にも、Webライティングスキル、セールスライティング、市場に対するリサーチ力、SEO対策など、様々なスキルが身に付きます。

 

デメリットは成果が出るまで時間がかかること。

思考停止で取り組んでいれば、収益はいつまで経っても発生しないことです。

 

つまりブログ・アフィリエイトを行うにあたって、長期的に取り組む継続力が必須になります。

ただ継続すらできない人がほとんどなので、逆に捉えれば継続するだけでも、ある程度他者との差別化に繋がります。

Webライター

Webライターも、フリーターがやるべき副業の1つです。

Webライターのメリットは、稼ぐことに対する再現性が高いことです。

ブログなどと異なり、記事を納品すれば確実に収益を得られます。

 

収益以外に得られるスキルは、 WebライティングスキルやSEO対策、論理的思考力です。

これらのスキルを稼ぎつつ、クライアントから学べます。

 

そもそもWebライターの仕事は、クライアントから指定される内容の記事を書くことです。

記事を納品する際に、必ずクライアントからチェックが入ります。

チェックの中で指摘される点は、WebライティングやSEO対策のためのポイントだったりするので、その指摘から学べ、スキルも向上するのです。

 

始め方は簡単で、クラウドワークスランサーズなどのクラウドソーシングサイトに登録して、提案するだけです。

 

デメリットは、完全に労働対価であること。

記事を書いて納品しなければ、収益は発生しません。

仮想通貨

仮想通貨はある程度資金を持ち、投資関連を副業としたいの方にオススメです。

投資には株やFXなども存在しますが、将来性を見込めば仮想通貨の方が優位性があります。

 

当然、誰でもこんな成果を出せるわけではありません。

どんな副業をするにしても勉強は必須です。

しかし投資関連で言えば、仮想通貨は未だに稼げるチャンスが多く眠っています。

BASE

BASEはハンドメイドなど、物づくりが好きな方に推奨したい副業です。

そもそもBASEでは、誰でも簡単にネットショップを作れます

具体的には、以下のようなものを売って稼いでいる人がいます。

  • アクセサリー
  • 小物や雑貨
  • 衣料品
  • フィギュアやぬいぐるみ
  • イラストや写真

案外趣味の延長線でも、お金に変えれるかもしれません。

ココナラ

ココナラはスキルを売り買いするサイトです。

とにかく特定のスキルがあれば、なんでも出品可能と言っても過言ではありません。

カテゴリーは以下のような内容です。

 

  • デザイン
  • イラスト・似顔絵・漫画
  • Webサイト制作・Webデザイン
  • 音楽・ナレーション
  • 動画・写真・画像
  • ライティング・ネーミング
  • IT・プログラミング
  • ビジネスサポート・代行
  • ビジネス相談・アドバイス
  • 集客・Webマーケティング
  • 翻訳・語学
  • 悩み相談・カウンセリング
  • キャリア・就職・資格・学習
  • 恋愛・結婚
  • 美容・ファッション・健康
  • ライフスタイル
  • 趣味・エンターテイメント
  • 占い
  • 士業
  • マネー・副業・アフィリエイト
  • その他

 

フリーターのあなたでもこれまでの経験を活かして、サービスを出品できるかもしれません。

ただしココナラ上での販売戦略は学ぶ必要ありです。

YouTube

YouTubeに関しては、広告で収益化するための条件として、登録者数1000人以上必要など、稼ぐハードルが高くなりましたが、戦略的に取り組めばまだ稼ぐチャンスはあります。

YouTubeに限らず、良質なコンテンツを発信すればお金に変えれます。

しかし実際そんなの思いつきませんよね。

 

まずは自分が好きなことや得意なことを洗い出してみましょう。

その中で特化チャンネルを作ること。

例えば、グルメ旅のチャンネルは数多くありますが、「○○グルメ」「○○旅」に特化したチャンネルを作るとかですね。

 

上記の考え方はYouTubeに限らず、個人で行うビジネスに共通して言えます。

大きなジャンルで攻めてしまうと、競合に勝つことは難しいからです。

フリーターが今すぐ副業をやるべき4つの理由

フリーターが今すぐ副業をやるべき理由は、以下の4つです。

  • 働かなければ収入ゼロ
  • アルバイトだけではリスクが大きい
  • いつまでフリーターでいられるかわからない
  • 将来的に高確率でお金に困る

働かなければ収入ゼロ

フリーターは労働対価で収入を得ているので、働かなければ収入はゼロです。

病気や怪我をしてしまい、働けなくなると収入がなくなり、経済的に危機的状況に陥る可能性があります。

正社員と異なり、福利厚生も充実していないので、手当も期待できないでしょう。

アルバイトだけではリスクが大きい

アルバイトだけだとリスクが大きいです。

アルバイトは正社員と比較すると、解雇されやすかったり、労働時間や月々の収入も保証されません。

新型コロナウイルス感染症により、強く感じた人も多いのではないでしょうか。

今勤めているアルバイト以外にも、収入源を作ることは非常に大きなメリットがあります。

いつまでフリーターでいられるかわからない

いつまでフリーターでいられるかわかりません。

そもそもフリーターは、定義の中で「15歳〜34歳」とされています。

参考記事:フリーターと正社員の生涯年収格差(厚生労働省)

 

年齢的による定義に限らず、結婚願望が出てきた場合にもフリーターという選択肢は賢明ではなくなります。

つまり、いざ就職しようとする際に、副業から得られるスキルは役立つということです。

将来的に高確率でお金に困る

フリーターは将来的に高確率でお金に困ります。

フリーターで一生を過ごそうとすると、低い賃金で働き続ける必要があるからです。

副業を推奨する大きな理由は、現状フリーターだからこそ持つ優位性を活かせること以外に、金銭的余裕を作るため。

将来に少しでも備えたいのであれば、副業は必須だと言えます。

フリーターこそ今すぐ副業を始めて、稼ぎとスキルを向上させよう!

フリーターこそ今すぐ副業を始めて、稼ぎとスキルを向上させるべきでしょう。

フリーターは時間や心に余裕があり、組織にも染まりにくいはず。

副業を始めて、スキルを身につけるにはこの上ない環境が揃ってると言えます。

 

やるかやらないかはあなた自身ですが、経済的な問題を解決しなければ、将来的な不安を打ち消すことは難しいです。

ちなみに副業でコツコツ継続するのが「できない、難しい」と思うのであれば、素直に就職を推奨します。

おすすめの記事